「音楽と友と」ブロッグを始めるにあったって

2021年一月​

​編集者 五十嵐恵美 

Marble Surface

昨年は年が明けてからまる一年(世界中がコロナ禍に翻弄された)一年でした.その一年は長くも感じ、また終わってみると、あまり何も達成できなかった大変に短い一年であったようにも感じます.また、色々考え、感じることが多かった一年でした.

 

カリフォルニアは Stay-at-home(自宅待機)が昨年3月中旬より始まり、夏の数か月はほぼ通常に近い状況に戻りましたが、感謝祭の休暇が終わった直後、12月初旬より再度、レストラン、ヘアーサロン等、諸々のビジネスが閉鎖になりました.特に、個人経営のスモールビジネスの経営は火の車で、年末に入り寄付を求めてくるビジネス、団体が例年と比べ急増したように思います.また、失業による社会的不安が増す傍ら、文化的なパーフォーマンスがほとんど中止になった結果、演奏家、役者、芸術家一般の生活も脅かされている状況です.

 

そのような状況下、個人的には(すでに退職して10年たった現在、昨年古稀、幸いにも自由な生活を確保できる環境下で)新しい体験として、JAMULUS(ジャムラス)というオープンソースのソフトウェアーを使いインターネット上で弦楽アンサンブルを始めました.距離的に今までご一緒できなかったプレーヤーと再会し、友好を温め、音楽を語り、アンサンブルができるようになったのはこの機を利用きる不幸中の幸いとでもいうのでしょうか.

 

また数年前に購入してそのままになっていた、著書「Year of Wonder, Classical Music to Enjoy Day by Day」をもう一度手に取ってみました.そしてある時間に任せ、著者 Clemency Burton-Hill が一日一曲選曲した曲を昨年末から聞き始めたのもこの機を利用しての試みです.多数のコンサートホール、劇場、美術館が閉鎖されて、再開されるめどもない現在、YouTube および CDで聞く音楽はその日のエンターテインメント、心の洗濯にもなります.一般的に聞きたい曲をランダムに聞いていた私にとって、選曲された音楽を聴くのも学校に戻ったようで楽しい経験です.著者によって選曲された曲をご紹介するのもこのブロッグの目的のひとつでもあります.

 

音楽の話に限らず、芸術一般、感じたこと、考えたことなど、ブロッグを通して随想を公開いただければ嬉しく思います.通常のブロッグの形式とは異なり投稿していただくことになりますすので、ブロッグ上での会話(チャット)は設けていません.またインターネット上のオープンな環境ですので個人情報、等、インターネット上公表すべきない情報は消去させていただきます.

コロナ禍を無事に乗り切り、安全で多幸な丑年になりますようお祈り申し上げます.