top of page
  • Kyo Nakatsukasa

1/23/2023 布施明ライブ・ツアー「よみがえれ昔日の情熱」

1月23日、調布市で開催された布施明ライブ・ツアーへ行く機会があった.

ワイフが見つけてすぐ予約したのだが、テーマが「よみがえれ昔日の情熱」というものだったので、我々がよく耳にしていた曲が多いのかと期待していたが、もっと広いレパートリーで、小生が知っていたのは「シクラメンのかほり」と「霧の摩周湖」自身でそれと「マイウエイ」(日本語歌詞)くらいだった.エンデング・ナンバーはイタリア語で「Time to say goodbye」.たっぷりと、またある種の安心感をもって2時間を過ごすことが出来た.


自分としては持ち歌に限らずもう少し広い選曲(ジャズナンバーなども)を期待していたのだが、それは別として、圧倒的な声量はまさに驚きの一語.あと2年でデビュー後60年、後期高齢者になったというのはまさに驚きだった.最近、自分たちの世代の歌手が引退することが多く、そのお別れ的なショウやコンサートに出合うことがあるが、同年代であっても声量が落ちたなあ、と感じさせられたことも少なくないので、特に感じたのかもしれないが.


小生、うかつなことに彼が三鷹市出身、地元府中の中学校へ通ったという事を知らなかったが、ユーモアたっぷりなトークもなかなかで、学生時代までの地元の話も好感を持って楽しむことができた.しかし話が進むにつれて、彼自身が昨今の日本のありように不安を持ち、また我々の時代、つまり昔日の良き社会の復活を望んでいることが胸に響いた.英国人女性との結婚もあり、ニューヨーク(あるいはハリウッド)生活も長かった経験もあることだろうが、そういう思いがこのツアーのタイトルになっていたのだ、ということを改めて知った.まだまだ、引退には早い.好漢、幸あれと思う豊かな気持ちで帰途についた.

Post: Blog2 Post
bottom of page