• Kyo Nakatsukasa

2/23/2021 「麒麟が来る」 放映終了


大河ドラマ「麒麟が来る」放映終了.始まった時から、どういうエンディングになるのかがずうっと気になっていた.予想外のラストは良く決まっていた.なんというか、筋立てとか技術論よりも、この番組で作られた光秀像にぴったりな感じだったと思う.

僕は吉川英治の太閤記を小学校6年の時に読んだ。父も兄も大の読書家だったが、戦後まもなくでかなりの数、中古の本が多く、日本史に関連する本を拾い読みしても、旧かな使いで、天皇尊重第一のものがほとんどで、そういう風潮の中でどちらかとえいばネガティブな光秀像が僕の中に定着していた。


中学高校と読書の中身に横文字文学ものが多くなったのはやはり当時の若者文化がそうだったからだろうが、社会に出て司馬遼太郎を知り、テレビの新撰組血風碌にはまり、彼の中期くらいまでの本はあらかた読んだ.高校で日本史を真面目に聞いていなかったため、小生の近世日本の歴史に関する知識というか理解はまずすべてが司馬の小説によっている(歴史学者は司馬の歴史観、というものをよく思わないそうだが、彼はあくまで小説家にすぎない、ということはよく承知しているつもりだが).

司馬の描いている光秀像は今回のように理想の実現を人生のテーマにした人物ではない.むしろ権力のはざまで抜き差しならぬ状況に追い込まれた悲劇的人物、という書かれ方をしている.現実だかどうだったかかは、もちろん知る由もないが、麒麟を連れてくることができなかったという悔恨の情が信長の最後を遠巻きに見ていたシーンによく表れている.このシーン前後の長谷川博己の表情の描写は僕の心に突き刺さった想いで見た.


秀吉が朝鮮征伐なぞという愚挙を起こさなければ、そして最晩年の狼狽がなければ(これが例えば家康などに比べたときのインテリジェンスというか秀吉の人生観の限界をしめしているのだと思うのだが)麒麟になり得たかもしれない.”戦がなく、人々が安心して暮らせる世の中“ は、結局、3世紀続いた徳川時代であったのだろうか.悪しき封建主義だとか身分制度だとか、男尊女卑だとか、はたまた時代劇に必ず登場する悪代官だとか、ネガティブな話はいろいろあるが、世界に誇る江戸文化や京の静寂や人々の間に定着して明治への見事な転換をささえた倫理観とか、そういう現代への遺産を当時戦乱と後進国の収奪に明け暮れていた西欧の歴史と比べてみて、”日本に 麒麟は来ていたのではないか とおもったことだった.

1945年の敗戦以来今日まで、そのプロセスにありとあらゆる議論があるのを承知でなお言えば、この75年間のあいだ、戦争で死んだ日本の若者はひとりもいない.何が何と言おうとこれは事実である.チャーチルやメルケルみたいに国民に訴えた政治家がいなかったとか、拝米主義だとか、偶然だとか、いろんな議論は当然あるだろう.しかし僕は確信しているのだが、数世紀あとの歴史家はこの時代を日本史上最良の時間だった、と解釈すると思う.それが麒麟のせいだというかどうかは別だが.




https://www.youtube.com/watch?v=OJ2LNz99qZA

https://www.youtube.com/watch?v=Z04NVGgxsFQ