• Kathy Price

3/22/2021 映画レビュー「オードリー」伝記・ドキュメンタリー


数年前にオードリー・ヘプバーンについての別の映画を見たことがあるので、彼女については既によく知っていると思っていた.よってこの映画を観ようとは思わなかったが、結果としてこの映画を観てよかったと思う.様々の写真、初期のホーム・ムービー、ニュース・クリップにより、非常に興味深いドキュメンタリーに出来上がっている.




このドキュメンタリーは彼女の個人的な生活とハリウッドでのキャリアをカバーしている.オランダで生まれた彼女は、ナチスの占領を生き延びたが、彼女の多くの同胞のように栄養失調に苦しんでいた.栄養失調は彼女の人生、キャリアに影響を与えた.子供の頃、彼女はバレリーナになりたいと思っていた.戦後、彼女の体は栄養失調で、その為に彼女は仲間のレベルで踊ることができなかった.バレーを諦め演技に転向し、直後、すぐにスターになり、24歳で最初のアカデミー賞を受賞した.


彼女の友人、家族、同僚の多くは、オードリーの考えや思い出を語り、このドキュメンタリーを非常に感動的にしている.彼女の夫とユベール・ド・ジバンシーとの関係はよく記録されている.ドキュメンタリーの最後に、ユニセフのグローバル・アンバサダー(大使)としての彼女を紹介している.これは、彼女の子供たちへの大きな愛情と、彼女が死ぬまでユニセフのために行った素晴らしい奉仕である.



https://www.youtube.com/watch?v=DOY77nyd6fY

https://www.youtube.com/watch?v=zahSEExjjFs