• Kathy Price

4/5/2021 映画レビュー「ミナリ」(セリ)

出演:スティーブン・ユン、イェリ・ハン、ユ・ジョン・ヨン、ウィル・パットン、アラン・キム、ノエル・ケイト・チョ

監督:リー・アイザック・チョン

脚本:リー・アイザック・チョン

定格:PG-13

リー・アイザック・チョンによるこの半自伝的映画は、韓国人の家族がアメリカでの生活に順応していく過程を描いた移民の物語で、家族がお互いへの愛情を確かめ合いながら人生の浮き沈みを乗り越えていく「人間ドラマ」でもある.


映画の焦点は、1980年代に、より豊かな生活を求めて母国韓国を後にし、カリフォルニアに移住するジェイコブとモニカという夫婦の物語.生まれたてのニワトリの雌鶏の識別を職業としながら、彼らは2人の子供を育てるが、物価の高いゴールデン・ステート(カリフォルニア)に住む余裕がないため、成功を夢にアーカンソーに引っ越す.


彼らが新しい家に到着したとき、モニカは、ジェイコブが農業をするという彼の夢を実現するために、命がけで節約したわずかの貯金を全て費やして、少しの土地を購入したことを知ってショックを受けた.その土地には壊れかけた古いトレーラーがあり、家族は農場を立ち上げるまで、チキン・セクサー(鶏の識別)の仕事を続けながらそのトレーラーで生活を始めなければならなかった.


ジェイコブとモニカは日常の仕事の量に圧倒されて、まだ韓国に住んでいるモニカの母親を呼び寄せ、2人の子供達の面倒を見てもらう.スン・ジャ(ユ・ジョン・ヨンが祖母役を演じる)の登場により、状況は劇的に変化する.彼女は愛情深いが口汚い祖母である.若い孫デビッド(アラン・キム)と彼女の関係は面白く優しく描かれている.スン・ジャは義理の息子が知らないミナリ(セリ)という植物を母国から持ってきて、川のそばに植える.ミナリ(セリ)は東アジアで育つ植物で、パセリのような味で、サクサクした茎を持つ食用の植物.ミナリ(セリ)は豊富な水を必要とする.映画の終わりに、なぜこの映画にこの植物にちなんだ名前が付けられたのかがわかった.ミナリ(セリ)は「生きるために十分な水を与えられれば、逞しく生きていくこの勇敢でタフな家族」の象徴であったのだ.

「ミナリ」は、2020年のサンダンス映画祭での大賞を含むいくつかの賞を受賞し、2021年4月後半に決定される最優秀作品賞を含む6つのアカデミー賞にノミネートされている.


https://eiga.com/movie/94385/


https://eiga.com/movie/94385/


https://eiga.com/movie/94385/


https://www.youtube.com/watch?v=KQ0gFidlro8