• Kathy Price

9/10/2021 フィルム・レビュー「命の価値(Worth)」

PG-13

出演:マイケル・キートン、スタンリー・トゥッチ、エイミー・ライアン、ローラ・ベナンティ

脚本:マックス・ボレンスタイン

監督:サラ・コランジェロ


人間の命の価値はどう決められるのか?

9/11以降に起こったことの実話に基づき、遺族に犠牲者の死を補償する査定の過程において、この映画は問いかける「CEOの命と清掃員の命の価値は同じであろうか?」「失われた命の価値はどのように査定できるのか?」


マイケル・キートンは、9月11日ニュー・ヨークで起こった惨事に関わる犠牲者補償基金を率いる有名な調停人ケネス・ファインバーグを演じている.ファインバーグはこの悲劇に大変に心を痛め、彼は彼の法律事務所が、世界貿易センター (World Trade Center) と国防総省 (Pentagon) で亡くなった人々の家族への補償に無料で携わる決心をした.ファインバーグは「数字」男であり、事件を解決するために、過去、多くの紛争を両当事者が相互に納得できる解決案を導いた. しかし、9/11の状況は、ファインバーグがこれまで取り組んできた事件とはほど遠いものであった.数年に渡り、彼は自分の過去の「公式」が今回はうまくいかないことに気付き、家族のために正義を得ようとする過程を描く.


私は9/11の恐怖に関わるのこの部分のエピソードを知らなかった.この映画は最近の歴史の中で最も悲劇的な事件のひとつを扱ったもので、私たちに刺激的で感動的なエピソードを提供する.


https://www.youtube.com/watch?v=OOAemeB9CAw