• Kathy Price

9/5/2021 フィルム・レビュー「失われたレオナルド The Lost Leonardo」

PG-13

作家:アンドレアス・ダルスガード、クリスチャン・カーク・マフ、アンドレアス・コエフォード、マーク・モンロー、デュスカ・ザゴラック

監督:アンドレアス・コエフォッド

時間:1時間36分

「麻薬、売春、芸術は世界で最も不透明なビジネスだ」これは、この魅力的なドキュメンタリーのためにインタビューされた人の一人からの引用である.


「失われたレオナルド The Lost Leonardo」は、救世主ムンディ(世界の救世主)の絵を誰が描いたかという謎を解き明かそうとする. この絵画は2017年11月15日にニューヨークのクリスティーズで4億5000万ドルで競売されたこれまでで最も高価な絵画として知られている.なぜそんなに莫大な金額が払われたのであろうか.多くの人がそれはレオナルド・ダ・ヴィンチの失われた傑作であると信じているからだ.ダ・ヴィンチの既知の絵画は世界で20点しかないため、この作品は非常に価値のあるものになる.しかし、この絵は本当にレオナルドによるものであろうか?これが映画の前提であり、私は確固たる結論を出せずに映画を観終わった.


現代のテストでは、サルヴァトール・ムンディは1499-1510年に描かれたものであり、クルミのパネルに油が塗られていることが証明されている.ダ・ヴィンチが描いた年代と彼が作品に選んだ媒体等全てが一致している.しかし、この映画が明らかにしているこの絵の創造については多くの謎がある.


このドキュメンタリー映画は、アート・バイヤーのアレクサンダー・パリッシュが数年前にニューオーリンズのディーラーから2,000ドル以下で購入した絵画について話し合うところから始まる.その絵はとても古く、とても傷んでいたが、彼はなぜかそれが本物であると確信していた.彼の金融パートナーと相談した後、彼らは絵を復元する価値があると信じ、ニューヨーク市の有名な美術史家であり復元者であるダイアン・モデスティーニ(写真下)にそれを持って行った.

モデスティーニはこの古い絵の表面をきれいに洗浄し始めた.そして、彼女がきれいにすればするほど、モデスティーニはこの絵がレオナルド・ダ・ヴィンチによるものであると確信した.彼女のこのプロセスの話は面白かったし、彼女はこの古い絵画を元に戻すという見事な仕事をした.しかし、それはあまりにもよすぎる話ではないか?この絵は本当にダ・ヴィンチによるものであるのか、それともモデスティーニのものなのか?これは、このドキュメンタリーで尋ねられる多くの質問の1つにすぎない.救世主がニューオーリンズからクリスティーズのオークション・ハウス、そして現在の所有者に至るまでの道のりは、ジェームズ・ボンドの映画のようで、アートのビジネスについて再度考えさせられた.


ドキュメンタリー・プレビュークリップ:

https://www.youtube.com/watch?v=j0lXLGgQjYY

The Lost Leonardoのディレクター、Andreas Koefoed(アンドレアス・コエフォッド)とのインタビュー

https://cineuropa.org/en/interview/406183/