• Emi Igarashi / Editor

1/16/2021 Scriabin エチュード op 2 no. 1 


本日のBurton-Hill の選曲 は、Scriabinのエチュード op 2 no. 1.著者曰く、


"Look, sometimes what we must really need in the middle of January is music, that feels like a large glass of red wine."


「ほら、1月中旬に本当に必要なのは、大きなグラスに注がれた赤ワインのように感じる音楽です.」


ホロヴィッツに代表される多数のピアニストに弾かれ続けられている2-3分のエチュードである.


https://www.youtube.com/watch?v=327D03P5Xxc


この練習曲は、スクリャービンがわずか16歳だった1887年に作曲されていて、メロディーはロシアのジプシー音楽の多くの特徴を示し、両手で繰り返される和音を伴い、豊かなハーモニー、内なる声、そして左手での音楽の広がりを特徴としている(ウィキペディア参照).確かに寒い冬の晩に欲しい「大きなグラスに注がれた赤ワインのように感じる音楽」かもしれない.