Search Results

73件のアイテムが見つかりました

ブログ記事(64)

  • 10/4/2021 フィルム・レビュー「芸者の回顧録 Memories of A Geisha」

    PG-13 出演:チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、大後寿々花、マコ、コン・リー 監督:ロブ・マーシャル プロデューサー:スティーブン・スピルバーグ 音楽:ジョン・ウィリアムズ 上映時間:2時間25分 最近、エミさんとランチをご一緒したときに、日本の芸者の話題になった.アメリカ中西部出身の私にとって、この話題はいつもエキゾチックに聞こえ、そして彼女たちは常に非常に美しく見えた.エミさんとの会話は主に芸者の「芸事」についてで、私はもっと知りたいと思った.その晩、何年も前に芸者についての映画があったことを思い出し、2005年にデビューした「芸者の回顧録、Memories of A Geisha」という映画を早速観た. このドラマは、1920年代に京都の置屋に売られた千代という9歳の少女の架空の物語であり、第二次世界大戦後まで彼女の人生を追っている.別の置屋に売られていった妹から離れて暮らすことは、9歳の子供にとって非常にトラウマ的な体験である.千代は置屋の女中で幼いながらこき使われ、置屋によい収入をもたらす人気者の年上の芸者に虐待される.置屋の女将は、千代が故意で不従順であるため、名前を「さゆり」に変える.少女はもはや自分の名前さえ持っていない. さゆりは芸者の生活に魅了されるが、女将は高額な修行をさゆりにさせることを拒む.偶然にも、さゆりは彼女がもつ独特な何かに惹かれ、彼女の諸々の芸事にかかるお金を払う親切な紳士と出会う.そしてさゆりは芸者として厳しい芸事の修行に乗り出す. この回想録は、アメリカの作家アーサー・ゴールデンが書いた同名の小説に基づいている.ゴールデン氏がこの物語を作るためにどのような研究をしたのか私には解からないが、彼が芸者に関する独特の文化および背景に忠実であったことを願っている.ジョン・ウィリアムズの音楽はこの映画に素晴らしいアンダートーンを設定し、撮影も素晴らしい.スティーブン・スピルバーグのプロダクションの手腕も素晴らしい. 但しこの映画について言えるのひとつの問題は、女優の多くが日本人ではなく中国人であるということだ.これはハリウッドのせいにするしかない!しかし、すべての俳優は素晴らしいパーフォーマンスで、物語は悲しくも美しい. https://www.youtube.com/watch?v=4L-xlmakQvc https://www.youtube.com/watch?v=YFhNH2KdG9k

  • 9/13/2021 音楽家と作品への雑感「チャイコフスキー」

    第2章  ピヨートル・チャイコフスキー Peter Tschaikowsky (1840年~1893年、53歳没) チャイコフスキーは幼いころから音楽には興味が強かったが、両親は音楽が趣味の一つ程度の環境で、本人は法律学校を卒業し官吏となるが、20歳頃にはペテルスブルグのロシア音楽院の第1回卒業生として音楽家としての教鞭も取るようになる.初期にはパラキレフを始め国民楽派の<5人組>と交流し、音楽院時代には師であるアントン・ルビンシテインの影響を受け、作風は西ヨーロッパの伝統に根ざしたもの.37歳で教え子と結婚するも直ぐに離婚.その後、スイス、イタリア、フランスで生活することが多く、富豪の未亡人メック夫人の年金援助を受けながら作曲活動に専念した.45歳からはモスクワに戻り、最も充実した活動期に入る.しかし、高まる名声に反し、健康は過労のため悪化し、メック夫人の援助打ち切りにも合いペテルスブルグでチフスのため53歳で死去. 私は先の戦争(76年前に終戦を迎えた太平洋戦争、第2次世界大戦)の昭和20年(1945年)8月15日の終戦の年の3月に東京大空襲を自宅の東京都渋谷区で経験し、その年の6月に縁故疎開で長野県南安曇郡(現在の安曇野市)へ移った.6年後の昭和27年(1952年) に以前住んでいた渋谷の家が焼失していたので家族は東京都大田区に戻った. 終戦後間もない当時、東京都大田区の自宅で父親は忙しい日々の中でも、自宅の庭のバラ園の手入れと、何故か数枚のレコードを毎日のように聴いていた記憶がある. 1枚はクラシック音楽のチャイコフスキー交響曲第6番「悲愴」であり、もう1枚はアメリカン・ポップスのダイナ・シュアが歌う「ブルー・キャナリー」だった.何故この2曲を繰り返し聞いていたのか、ついぞ父親に尋ねることもなく過ごしてしまったが、私がチャイコフスキーを先ず知ったのは、この脳裏に焼き付いた「悲愴」の憂愁で甘美な旋律からと言える. 因みに、私の母親は文学書を読むのが好きで、特に「万葉集」には造詣も深く、万葉集の仲間と毎月のように小旅行をするのが楽しみであったことを思い出す.又、母は昭和18年(1943年)に原因不明の爆発事故を起こして柱島沖で沈没した戦艦「陸奥」の主計官として乗船していて殉死した、次弟の慰霊の旅に毎年参加していたことも強く思い出に残っている. チャイコフスキー作品の特徴は甘美な旋律と憂愁の味わいに満ちたもので、直ぐにでも口ずさめるメロディーが多いと思う. チャイコフスキーの作品の中ではやはり、耳に残る旋律の交響曲の第6番「悲愴」、ピアノ協奏曲第1番、バイオリン協奏曲を先ず聴きなおすことにした.その後に3大バレエ曲を聴きなおし、クラシック・バレエの神髄はこれにありと改めて思った.「白鳥の湖」「くるみ割り人形」は素晴らしく、バレエ組曲「眠りの森の美女」(作品66)は第5曲の“ワルツ”が曲の題名を表現するように軽快で楽しめる.又、「アンダンテ・カンタービレ」(弦楽四重奏曲第1番ニ長調第2楽章)もチャイコの甘美な旋律が心に沁みる. 今回の雑感記録に際して、改めて聴き直した作曲家の作品のリストをご参考まで下記、表にした. ※①交響曲第5番ホ短調(作品64):改めて聴くと第6番「悲愴」と比べても勝るとも劣らない甘美な旋律と憂愁な味わいに満ちた名曲だと思う. ※②交響曲第6番ロ短調「悲愴」(作品74):絶望的な悲嘆感が全曲に漂い、その効果は比類なきものと改めて思う. ※③ピアノ協奏曲第1番変ロ短調(作品23):1874年(34歳)に、僅か1か月で書き上げた、汲めども尽きぬ楽曲が豊かで流麗なこのピアノ協奏曲は豪壮華麗な冒頭が印象に残る屈指の名曲.中村紘子のNHK管弦楽団との演奏(1997年)は心に残る. ※④バイオリン協奏曲ニ長調(作品35):奇しくも、ブラームスのバイオリン協奏曲と同年の1878年(38歳)の作曲.演奏者泣かせの難曲と初演に際しては不評だったが今や名曲.諏訪内晶子のチャイコフスキー国際コンクール最年少優勝(1990年)のモスクワ大ホールでの演奏は楽員が全員退場後も聴衆の拍手鳴り止まなかった.庄司沙矢香と指揮ユーリ・テルミカノフ/サンクトペテルグルグ交響楽団とのNHK音楽祭(2008)の互いの信頼関係が満ち満ちた演奏には感動する. ※⑤バレエ組曲「白鳥の湖」(作品20):バレエを愛好する人が先ず引き込まれてバレエ・ファンになったきっかけは、この作品からだろと思わせる流麗なテンポの良い旋律が心地よい.アンセルメ指揮によるスイス・ロマンド管弦楽団の演奏は淡くデリケートで心地よい. ※⑥バレエ組曲「くるみ割り人形」(作品71):所謂、3大バレエの最後の作品.物語をホフマンの童話からクリスマスに起こったオモチャとお菓子の国での出来事というメルヘンそのものを題材に、実に豊かな創造力と想像力を示して、楽しく美しい音楽に仕立て上げた名作だと思う. ※⑦弦楽セレナード ハ長調(作品48):バッハやブラームス等のドイツ音楽の影響を滲ませながら、独特のスラブ的哀愁を随所に滲み出て美しい.特に、第1楽章では小高い丘陵に咲く草花と小さな池の深みに泳ぐ小魚を彷彿させるような旋律と、第2楽章はN響アワーのオープニング(1995年)他で流された甘美なメロディーで、いつまでも聴いていたい名曲中の名曲と言っても過言ではない.コリン・デービス指揮によるバイエルン放送管弦楽団の演奏は秀逸. 2021年9月10日記

  • 9/10/2021 フィルム・レビュー「命の価値(Worth)」

    PG-13 出演:マイケル・キートン、スタンリー・トゥッチ、エイミー・ライアン、ローラ・ベナンティ 脚本:マックス・ボレンスタイン 監督:サラ・コランジェロ 人間の命の価値はどう決められるのか? 9/11以降に起こったことの実話に基づき、遺族に犠牲者の死を補償する査定の過程において、この映画は問いかける「CEOの命と清掃員の命の価値は同じであろうか?」「失われた命の価値はどのように査定できるのか?」 マイケル・キートンは、9月11日ニュー・ヨークで起こった惨事に関わる犠牲者補償基金を率いる有名な調停人ケネス・ファインバーグを演じている.ファインバーグはこの悲劇に大変に心を痛め、彼は彼の法律事務所が、世界貿易センター (World Trade Center) と国防総省 (Pentagon) で亡くなった人々の家族への補償に無料で携わる決心をした.ファインバーグは「数字」男であり、事件を解決するために、過去、多くの紛争を両当事者が相互に納得できる解決案を導いた. しかし、9/11の状況は、ファインバーグがこれまで取り組んできた事件とはほど遠いものであった.数年に渡り、彼は自分の過去の「公式」が今回はうまくいかないことに気付き、家族のために正義を得ようとする過程を描く. 私は9/11の恐怖に関わるのこの部分のエピソードを知らなかった.この映画は最近の歴史の中で最も悲劇的な事件のひとつを扱ったもので、私たちに刺激的で感動的なエピソードを提供する. https://www.youtube.com/watch?v=OOAemeB9CAw

全て表示

ページ(9)

  • 編集者・投稿者 | Music and Friends 音楽

    Editor and Contributors Anne Chognard write nature ​ アン ​ションヤー ©2021 by Music and Friends 音楽と友と ​ 五十嵐恵美 ​編集者、主に 音楽レビュー ​ ​ ​ ​ 中司恭 色々レビュー ​ ​ ​キャシー・プライス 映画レビュー ​ ​ 飯田武昭 映画レビュー ​ ​ 真樹子・ボーダー ​音楽一般 ​ ​ 安田耕太郎 ​ 音楽・映画・本のレビュー​ ​ ​ ​スーザン・アヤラ ネイチャー・ライター ​ ​ ​ R.G.C. スキーヤー・ハイカー ​コロラドの山の写真を 撮る ​T. 由記 本のレビュー アン ションヤー 自然、ガーデン、花 金藤泰子(前世ネコ) 映画・音楽レビュー 小泉元子​ ピアニスト・室内楽奏者

  • Home | Music and Friends 音楽

    Discover Music and Friends ​ 音楽と友と 「Music and Friends」へ ようこそ!ユニークなコンテンツをお届けする、私の情熱を込めたプロジェクトです. 「音楽と友と」が あなたの情熱にも火をつけるよう願いつつ、ご投稿をお待ちしています. ​ ​ ​ ​ Yuki T. 9/8/2021 本のレビュー、フランソワ・モーリヤック(François Mauriac)著テレーズ・デスケイルゥ (Thérèse Desqueyroux) <あらすじ> 第1章は裁判所を出るテレーズとその父親で始まる.弁護士から彼女の罪は不起訴になったことを冷たく知らされ、父親と言葉少なに馬車に乗り込むテレーズ. 第2章からは少女時代の回想と現実が交差する.テレーズの少女時代の友人アンヌは妹のような存在.結果、アンヌの兄、ベル... Kathy Price 9/5/2021 フィルム・レビュー「失われたレオナルド The Lost Leonardo」 PG-13 作家:アンドレアス・ダルスガード、クリスチャン・カーク・マフ、アンドレアス・コエフォード、マーク・モンロー、デュスカ・ザゴラック 監督:アンドレアス・コエフォッド 時間:1時間36分 「麻薬、売春、芸術は世界で最も不透明なビジネスだ」これは、この魅力的なドキュメ... Takeaki Iida 8/7/2021 展覧会にて「ある画家の絵と私」 ご案内を頂いていた「第35回記念日洋展(2021)」を大阪市立美術館新館に7月21日に観に行きました. この展示会は略100号という大きなキャンバスに描いた具象派の作品のみを展示するもので、お目当ての画家の「いにしえの光を求めて」という作品がどのような風景か、その場で観るま... Takeaki Iida 8/2/2021 盛夏のリサイタル 今日から盛夏の8月です. 東京オリンピック競技もたけなわ、日本は金メダルラッシュで、どの競技を観ても興奮する祭典も残り1週間となりました.新型コロナ禍拡大が大変心配な状況でもあります. 本日、私はサックスのピアノ伴奏を日頃付けて頂いているピアノ教室の講師の先生のピアノ教室発... Kathy Price 8/2/2021 フィルム・レビュー「マッカートニー3-2-1」 Huluのドキュメンタリー/伝記6部構成のミニ・シリーズ 制作:ジェフ・ポラック https://www.youtube.com/watch?v=KAkqy5QntGQ ビートルズに関する記事、本、映画はたくさん出ているが、このミニ・ドキュメンタリーが特に面白いのは、ポール... ©2021 by Music and Friends 音楽と友と

  • News

    Latest News I'm a title. ​Click here to edit me. ブロッグを始めるにあたって Jan 13, 2021 昨年は年が明けてからまる一年(世界中がコロナ禍に翻弄された)一年でした.その一年は長くも感じ、また終わってみると、あまり何も達成できなかった大変に短い一年であったようにも感じます.また、色々考え、感じることが多かった一年でした. Read More

全て表示