• Kathy Price

10/4/2021 フィルム・レビュー「芸者の回顧録 Memories of A Geisha」

PG-13

出演:チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、大後寿々花、マコ、コン・リー

監督:ロブ・マーシャル

プロデューサー:スティーブン・スピルバーグ

音楽:ジョン・ウィリアムズ

上映時間:2時間25分

最近、エミさんとランチをご一緒したときに、日本の芸者の話題になった.アメリカ中西部出身の私にとって、この話題はいつもエキゾチックに聞こえ、そして彼女たちは常に非常に美しく見えた.エミさんとの会話は主に芸者の「芸事」についてで、私はもっと知りたいと思った.その晩、何年も前に芸者についての映画があったことを思い出し、2005年にデビューした「芸者の回顧録、Memories of A Geisha」という映画を早速観た.


このドラマは、1920年代に京都の置屋に売られた千代という9歳の少女の架空の物語であり、第二次世界大戦後まで彼女の人生を追っている.別の置屋に売られていった妹から離れて暮らすことは、9歳の子供にとって非常にトラウマ的な体験である.千代は置屋の女中で幼いながらこき使われ、置屋によい収入をもたらす人気者の年上の芸者に虐待される.置屋の女将は、千代が故意で不従順であるため、名前を「さゆり」に変える.少女はもはや自分の名前さえ持っていない.


さゆりは芸者の生活に魅了されるが、女将は高額な修行をさゆりにさせることを拒む.偶然にも、さゆりは彼女がもつ独特な何かに惹かれ、彼女の諸々の芸事にかかるお金を払う親切な紳士と出会う.そしてさゆりは芸者として厳しい芸事の修行に乗り出す.


この回想録は、アメリカの作家アーサー・ゴールデンが書いた同名の小説に基づいている.ゴールデン氏がこの物語を作るためにどのような研究をしたのか私には解からないが、彼が芸者に関する独特の文化および背景に忠実であったことを願っている.ジョン・ウィリアムズの音楽はこの映画に素晴らしいアンダートーンを設定し、撮影も素晴らしい.スティーブン・スピルバーグのプロダクションの手腕も素晴らしい.

但しこの映画について言えるのひとつの問題は、女優の多くが日本人ではなく中国人であるということだ.これはハリウッドのせいにするしかない!しかし、すべての俳優は素晴らしいパーフォーマンスで、物語は悲しくも美しい.



https://www.youtube.com/watch?v=4L-xlmakQvc


https://www.youtube.com/watch?v=YFhNH2KdG9k